お盆の迎え火、送り火の基礎知識




迎え火・送り火とは

迎え火というのは、戻ってくる先祖の霊が迷わないように、目印として火を焚くお盆の風習で、一般的には、盆入りの7月または8月13日の夕方に行われ、前日の12日に行う場合もあります。
そして、送り火とはお盆の期間に一緒に過ごした先祖の霊を送り出す行事で、一般的に送り火は、迎え火を行ったときと同じ玄関先などで行い、一般的に8月16日の夕方に行われ、前日の15日に行う地方もあります。

やり方

お盆の迎え火や送り火では、おがらとは皮を剥いだ麻で行い、ホームセンターや花屋さん、スーパーなどで手に入りますので、わからない場合は、前もって定員さんに置く予定があるか聞いておきましょう。
ほうろくと呼ばれる素焼きの平皿におがらをのせて燃やしますが、ない場合耐熱の平皿を代用することもあり、玄関先や庭で行います。
地域によっては、お墓からの道すじにたくさんの松明を灯したり、河原にろうそくを並べたりするところもあり、提灯(ちょうちん)をともす地域もあり、マンションなどの集合住宅が多い現在、お盆の迎え火や送り火を行わない家庭も増えていますが、盆提灯が代わりになるので問題ありません。
また、迎え火・送り火を焚くときに、自分の宗派のお経(お題目)を唱えたり、地域に伝わる言葉を唱えることもあります。