浴衣の着付け、着付けの基礎知識




浴衣の着付け方

最初にヘアメイクを済ませておき、浴衣スリップを着ます。
必要であればウエストにタオルなどを巻きつけ、補正し、浴衣を羽織ります。
ゆかたに袖を通し、背中の縫い目がちょうど背中の中心を通るようにして、えり先をそろえます。
えり先から約20cm上を持ち、軽く持ち上げ(すその高さはくるぶしまで)下前を入れ、上前を重ねます。
一旦、腕を戻して、今度は右手(下前)の位置を決め、先ほどの上前の位置になるように、もう一度左手を持っていき、下前より3~4cm高くなるようにし、腰紐をしっかり結び、下半身がきれいになるように注意して、ゆかたを固定しましょう。
おはしょりを整え、身八つ口(わきの下の小さな穴)から手を入れ、手を開いてシワをとり、コーリングベルトを使って衿の乱れを防ぎ、身八つ口から入れて衿の端を留め、背中から前に回して、もう片方の衿を留めて固定します。
衣紋の位置、抜き加減を決め、衣紋を取ってつめて、背中を下に軽く引っ張り、伊達締めを上から巻き、この状態で帯を結びます。

男女の違いについて

身八つ口(みやくち)とは袖の付いている下、脇の上部にあたる部分に女物の着物には穴があいていて、この穴のことを身八つ口といいます。
身八つ口は通気性をよくする効果や着崩れを直すために空いていて、一番の目的は赤ちゃんに授乳するためだそうです。
そのため男物の着物には身八つ口がありません。