常陽銀行の特徴や魅力、店舗やatm情報まとめ




特徴や魅力

食関連事業者の販路拡大を目的として「常陽食の商談会」や、全国の地方銀行と連携した「地方銀行フードセレクション」を継続的に開催していて、茨城県農業信用基金協会の保証を活用した農家向けローン「大地」や、肥育牛を担保とした「動産担保融資(ABL)制度」など、農業者向けの融資商品の充実を図り、農林漁業者の6次産業化を支援する「常陽 大地と海の成長支援ファンド」を活用し、6次産業化による新事業創出にも積極的に取り組んでいます。
他にも、地域のものづくり事業者の明日からの10年を支援する「next X(ネクストテン)」活動を展開していて、企業間連携や販路開拓、新規ビジネスの創出を促進するための支援を行っています。

店舗やatm情報

E-netATMの場合、常陽銀行クレジットカードのお引き出し手数料は、平日8時45分~18時00分までは108円・それ以外の時間は216円・土日祝日8時00分~21時00分は216円となります。
お引出し(1回あたり)は、20万円で、1日あたり50万円となります。
武蔵野銀行・千葉興業銀行 ATM利用の場合、常陽銀行クレジットカードお引き出し手数料は、平日8時45分~18時00分・土曜の8時45分~14時00分までは無料・それ以外の時間は216円・土日祝日8時00分~21時00分は216円となります。

ポイントクラブ

ポイントクラブでは、取引の内容に応じてポイントが追加され、合計ポイント数に応じてさまざまな特典を受け取ることができます。
受け取るポイントが多いほど、ローン利子率の低下や無料のATM使用料が含まれ、より有利な特典があります。
ポイントクラブ、申請手続は完全に不要です。
常陽銀行の口座を持っている人はすべてポイントクラブに自動的に登録されます。

営業時間

常陽銀行窓口の営業時間は平日9:00〜15:00のみです。
ATMの営業時間は8:00〜21:00です。
各店舗、ATMなどで営業時間が異なる場所があります。
下記のURLからご確認下さい。

常陽銀行店舗情報