ミキハウスの特徴や店舗情報まとめ




これから店舗情報についてポイントをついて内容をまとめたいと思います。

特徴

創業者で現社長の木村皓一が、1971年に大阪でベビー子供服の製造卸をおこなう三起産業を創業しました。
その後、1978年に改組、現社名に改めると共に、三起から取ったブランドMIKI HOUSE(ミキハウス)を冠した子供服のSPAで勢力を拡大し、海外にも多数出店し、主に子供服を中心としたアパレル事業がメインだが、グループ企業(10社)によりベビー総合プロデュース事業をはじめ、他にも出版・教育・外食事業などもおこなっています。
2013年4月22日、イギリス・ロンドン中心部にある老舗高級百貨店「ハロッズ」に日系アパレル企業として初出店しました。

店舗情報

アパレル事業部は、ミキハウスグループの中核事業部。展開するブランドは5つあり、ミキハウス・ミキハウスファースト・ミキハウスコレクション・ミキハウスダブルB・ミキハウスホットビスケッツがあります。
日本国内の直営店約180をはじめ、日本国外でも9ヵ国で販売している。取り扱うアイテムは、ベビー服、子供服だけではなく、靴、玩具、雑貨など幅広い商品展開を実施しています。
店によっては、ミキハウス幼児教室・子育てキャリアアドバイザー・ベビーアドバイザー・シューズアドバイザー・ギフトアドバイザー・外国語対応スタッフがいる店舗もあります。

ミキハウス店舗情報