西松屋の特徴や店舗情報まとめ




これから店舗情報についてポイントをついて内容をまとめたいと思います。

特徴

姫路の呉服店『着物の西松屋』(1950年設立)が、1956年10月に別部門として、お宮詣り衣装や出産準備品を販売する赤ちゃんの西松屋株式会社を設立し、1959年に株式会社西松屋ストアーに商号変更しました。
1965年から子供向け衣料品の販売を開始し、1979年8月に株式会社西松屋チエーンに商号変更(現社名は1997年5月に変更している)。1980年代までは地元兵庫県と大阪府のみで店舗展開するローカルなチェーン店だったが、1990年代に入ってから現在のように急成長を遂げ、1996年2月期より13期連続の増収を果たしています。
2015年9月現在で店舗数は874店舗で、年中無休で午前10時~午後8時まで営業しています。(一部店舗を除きます)

店舗情報

店舗立地は、幹線道路沿いを避け、店内はマネキンやワゴンを置かず、広い通路でセルフサービスです。
1店舗に従業員は2人程度の配置で、接客もほとんど行いません。
客が高いところに陳列してある商品を取るために白い取り棒が置かれていて、1店舗が常時混雑し始めると近隣に新規出店し、ガラガラ店舗を貫いています。
携帯サイトもあり新聞の折込チラシをいち早く知らせたり、チラシには載っていないセール商品を掲載しています。
メルマガを購読するとその情報がメールで送信(不定期)されてきます。

西松屋店舗情報
最後までお読みいただきありがとうございました。