イオンバイクの特徴や店舗情報まとめ




特徴

イオングループでは、総合スーパー店舗の一角に自転車コーナーを設置していたが、近年のGMS改革の流れもあって、自転車部門の専門店化および路面店への積極的な展開を決定。まず、イオン九州が2010年1月26日にイオンサイクルショップ石丸店を開業しました。
2011年にはイオンリテールがイオンバイクブランドでの展開を開始し、2012年には、関東地区のイオンバイク店舗をイオンバイク株式会社に分社化しました。
後に、イオン九州運営の店舗は「イオンバイク」に店舗ブランドを統一しています。
なお、イオンの一部店舗では自転車コーナーをイオンバイクの独立店舗として近隣に移転していることもあります。

店舗情報

地域によって運営会社が異なるため、イオンバイク及びその完全親会社であるイオンリテールが直接統括しない北海道地区のイオンバイクでは、購入後2年間は修理工賃・パーツ購入の割引や点検・調整が無料で受けられ、防犯登録と「プレゼント保険(賠償責任1年間、傷害1年間、盗難2年間)」が付帯される自転車あんしんパックの提供がありません。
なお、九州地区ではこれまで自転車あんしんパックとほぼ同内容(修理代金の割引率が異なる程度)のイオンあんしんサポートパックが提供されていたが、現在はイオンバイク・イオンリテール運営店舗と同じように自転車あんしんパックに統一されています。

イオンバイク店舗情報