ワークマンの特徴や店舗情報まとめ




特徴

株式会社ワークマンは、群馬県伊勢崎市を本拠にGMSベイシア、ホームセンターカインズなどを抱えるベイシアグループの一員で、主に現場作業や工場作業向けの作業服・関連用品の専門店として国内最大手に成長し、関東地方を中心に北海道から九州にかけてフランチャイズ展開しているチェーンストアである。
日本全国に約750店舗を擁し、上述のとおり工場・土木現場向け用品の専門店としては、国内最大の売上げをほこります。
また、商品の値段は安く作業服のユニクロとも呼ばれるが、これは主力購買層である現場作業員の勤務時間にあわせた営業時間の設定、メーカーとの技術提携・共同開発によるプライベートブランドの展開等の営業努力によるものです。

店舗情報

全国で標準化された100坪の売場には7500アイテムもの商品を揃え、法律で着用義務のある安全靴や安全ベルト、ヘルメットなどは在庫を多めに持っています。
ワークマンは品質・機能と低価格を両立させるため、製造小売業(SPA)をめざし、現在は25%の製品を自ら開発し、中国・ミャンマー・ベトナムなどで製造していて、自社開発製品はメーカー仕入れ商品より品質が高く、お客様からの品質クレームも少ないことが自慢です。

ワークマン店舗情報