神奈川銀行の特徴や魅力、店舗やatm情報まとめ




特徴や魅力

株式会社神奈川銀行は、神奈川県横浜市に本店を置く第二地方銀行で、横浜銀行等の参画により相互銀行として設立され、神奈川県外には店舗を持ちません。
特徴の一つに「エリア営業体制」があり、これは店舗の役割を明確にし、地区ごとにグループ化された店舗それぞれが補い合って営業していく体制で、これ以外にも34店舗のうち3店舗には住宅・アパートローンセンターを併設し住宅ローンやアパートローンにも注力し、また法人先様のみ対応させていただく専門部署もあります。

店舗やatm情報

2018年1月9日(火)より、でんさいサービスの機能追加を実施いたしました。
「神奈川銀行でんさいサービス」とは、当行のビジネスダイレクトを通じて、(株)全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)を利用するためのサービスです。
MICS参加金融機関、ゆうちょ銀行、セブン銀行、JR東日本のエキナカATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)、イオン銀行のATMがご利用いただけます。
但し、法人カードについてはセブン銀行およびJR東日本のエキナカATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)のみご利用になれます。
第二地方銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫「入金ネット」のステッカーが表示されているATM、およびイオン銀行のATMでのお預け入れができますが、この場合、所定の手数料がかかります。

マイサポートカード

資金を使う理由・保証人を必要とせずに簡単に借りることができる新しいカードローンです。一時的にお金が必要な場合や一度に費用を払いたい時には最大100万円まで利用することができます。
金利は7.30% – 11.30%です。 返済額は1万円か15,000円なので、無理なく返済できます。
全国のセブンイレブンで借りて返済することができます。

営業時間

神奈川銀行窓口の営業時間は平日9:00〜15:00のみです。
ATMの営業時間は8:00〜21:00です。
各店舗、ATMなどで営業時間が異なる場所があります。
下記のURLからご確認下さい。

神奈川銀行