品川水族館の特徴や料金などのまとめ




特徴や魅力

「東京湾に注ぐ川」は、観覧通路に大きく張り出したミズナラの巨木が、水槽のコンセプト「木は森をつくり、森は川をつくり、川は豊かな海をつくる」を体現していて、巨木のまわりを注意深く歩けばさまざまな生きものたちとの出会うことができます。
おそらく日本初公開!!ジャンボアメフラシを展示しています!2018年7月11日(水)~9月17日(月・祝)の期間、色鮮やかで美しく、様々な種類で知られるウミウシをテーマとした夏の特別展を開催しておりますが、その特別展でおそらく日本国内では今回が初公開と思われるジャンボアメフラシを展示しています。

品川水族館にはクラゲの展示エリアもあります。クラゲは特に水族館の展示の中でも人気があります。 ふわふわと漂流するクラゲを鑑賞していると、とても癒されます。 広場全体の照度を下げLED調光装置を用いた演出の中、水中をゆらゆら漂うクラゲたちの幻想的な姿をご覧ください。水槽の様々な形と水量の違いで、ゆりかご水槽、円形水槽、円筒形水槽、クラゲフォトスタジオ水族館の4つの水槽があります。 ミズクラゲ、坂倉など4種類のクラゲが飼育されています。
特にこのエリアでは、クラゲと写真を撮ることができる “クラゲフォトスタジオ水族館”が人気です。 これは、クラゲの水槽の中いるかのように記念写真を撮ることができる水槽です。

アクセス

電車の場合
京浜急行「大森海岸駅」下車 徒歩約8分
JR京浜東北線「大森駅」下車、北口改札より徒歩約15分

車の場合
施設自体は第一京浜(国道15号)沿いですが、ひとつ海側(東京湾)の海岸通り上り線の勝平橋を渡ったすぐ左に専用の駐車場がございます。高速では首都高速1号線で東京方面からだと鈴が森インターチェンジ。横浜方面だと平和島インターチェンジが最寄になります。

入場料金

一般料金は、大人・高校生1,350円・中学生・小学生600円・幼児(4才以上)300円・シルバー(65才以上)1,200円・3才以下は無料となります。
お支払いは現金のみとさせていただき、クレジットカードはご利用いただけません。

品川水族館情報