串本海中公園の特徴や料金などのまとめ




特徴や魅力

串本の海は、近くを流れる黒潮の影響を強く受け、抜群の透明度と冬でも15℃を下回ることのない温かい水温を誇り、そこでは、色とりどりの熱帯魚、そして世界の北限と言われる本州最大のテーブルサンゴの群落など美しい海中景観を一年中楽しむことができ、この優れた海中景観を全ての方々に親しんでいただくために、串本の海を再現した水族館や海中展望塔を設け、体験ダイビングなどよりアクティブに海中を楽しみたい方のために、同じ敷地内にダイビング施設串本ダイビングパークを併設しています。
串本海中公園を含む串本沿岸海域には、本州の中部という比較的高緯度に位置しながら大規模で高密度な、かつ、多様性の高いサンゴ群集が生息していて、串本海中公園で見られるテーブルサンゴ(クシハダミドリイシ)の群生は、群生地としては世界で最北に位置し、串本町大島では、日本ではとても珍しいオオナガレハナサンゴの国内最大群生地も見つかっています。

水中公園売店コーナー

水族館ホールとレストランショップにショップコーナーを設けました。和歌山や南京地区だけでなく、串本の特産品や海の雑貨やアクセサリーなど、様々なぬいぐるみが豊富に用意されています。
おなじみの「うまい棒」「カッパえびせん」「カントリーマム」「ハイチュウ」が水族館限定デザインで登場。あなたのお友達やお土産に最適です。思い出に残るお土産、南紀の特産品、串本海中公園オリジナルグッズなどを取り揃えて、あなたの旅の思い出つくりをお手伝い致します。

入場料金や割引情報

水族館のみの料金は、大人1,500円・小中学生700円・幼児(3歳以上)200円となり、入場チケットは「再来園ご優待券」としてご利用頂け、再来園毎に10%ずつ割引率が加算し、6度目以降は無料となります。

アクセス

電車でお越しの場合

・JR串本駅から無料送迎バスで約15分

車でお越しの場合

・南紀田辺ICから約1時間20分。駐車場あり(200台、無料)

串本海中公園